30代での転職の秘訣

30代の転職の秘訣

30代の転職は、20代の時と比べ、学歴よりも何をしてきたかという実績や、経歴が非常に重要になります。希望する転職先の企業に対して何ができるのかという、具体的な提案ができると採用率も高まってくるでしょう。30代の転職は給与面や待遇面が重要なのはわかりますが、40代に入ると転職成功率が格段に下がる傾向にありますので、今後の自分の方向性を定めて、転職先を決定しなければならないのです。また、転職する際は、円満退社が原則です。20代では突然の退職や、上司との不仲を理由に退職することも許される場合がありますが、30代では、許されることではありません。どのような理由があるにせよ、なるべく円満退社をするように心がけましょう。一人の社会人がしっかりと責任を全うして会社を退社するのは、当たり前のことなのです。

 

20代の頃は、資格なども重要視されますが、30代に入るとある程度の社会経験が前提となっているため、資格をもっているだけでは意味がありません。その資格をどのように活用してきたのかをしっかりとPRすることが大切です。もし、パソコン操作や勤めている業種の業務に関わる資格で、資格者と同等の仕事が出来るのにも関わらず、資格を取得していない方は、転職する前に取得しておくと同業種での転職の時に有利になりますので、しっかりと転職する前に持っておくようにしましょう。

 

20代の若い頃と比べると、キャリアが優先されるのが30代の転職になります。
また、40代になると転職先がほとんどなくなってしまうため、今後の方向性も含めて十分に検討して決断するのが後悔しない転職の秘訣です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト