早期決断

早期の決断

20代の転職には2通りあります。
20代前半の転職と20代後半の転職の2つです。
明確に前半と後半が25歳よりも前と後で別れている訳ではありませんが、20代と、もうすぐ30歳となる20代とに別れます。
20代とは学校を卒業して新社会人となり数年が経ち、それでもまだ初めての事ばかりで新鮮な気持ちでいっぱいの人達です。
この頃はまだ、社会人経験も浅く、年齢も若い為に失敗が許される年代です。
その為、もし今の会社が自分に合っていなかった、思っていた仕事と違った場合にはすぐに転職をした方が良いです。
この年頃で何度も転職をしていては、長続きしない、我慢強くない人間だと思われ問題がありますが、1度や2度程度ではさして気にしなくても良いように思われます。
転職する事に対しての不安により、この先の永い時間を我慢して現職を続け、結局30代になってから転職するよりも、今の若いやり直しの効くうちに転職する方が自分に合う仕事が見つけられる可能性があります。
若いという事は、元気があって将来性があり、それだけで価値があります。
また未経験な分、怖いもの知らずという点で失敗を恐れないチャレンジ精神があると見られます。
このように20代前半では元気さ前向きな姿勢といった自分の気持ちを武器に転職する事が出来ます。
しかし、20代後半から30代の転職となると、気持ちだけでは20代前半に負けてしまいます。
この年代に転職で求められるものは、20代前半と同じ様な気持ちと、それなりの経験です。
その為、それなりの武器となる資格や、アピールとなる経験した事案が必要となってきます。
20代前半と20代後半では数年しか違わないですが、転職で求められる物が大きく変わってきてしまいます。
もし20代で転職を考えるのであれば、若さを武器にできるうちに早期の決断が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト