派遣労働はアルバイトの延長です

派遣労働はアルバイトの延長に過ぎません

30年ほど前に無かった不利な雇用形態が出来たために労働の仕方が大きく変化しています。30年ほど前はアルバイトと正職員だけでしたが現代はパートタイマーや派遣労働と働き方が誕生しています。パートタイマーは農家の主婦の時間の合間の仕事ですので地銀は一般の半分という事になります。現代では組合を作っている会社があります。
派遣労働は派遣会社に登録してから派遣元で仕事をする事になりますので以前のアルバイトの長期期間に変わった事です。この労働形態で勤務する労働者が不満を派遣先の会社に求めていましたが派遣先の会社は何のことかさっぱり判りません。その理由に派遣会社と派遣先の会社との契約関係になっています。既に人数に応じて所定労働時間の賃金を支払っていますので給料日に派遣労働者に支払われるという一連の流れになっています。
派遣会社に文句を言いましても派遣先の会社と契約をしていますので、その通りをしているのに過ぎないので却下されます。派遣労働は労働者組織で作られている組合がありません。
社会常識として会社に改善等を申し入れる場合は組合を通じて行われます。労働者の直談判は社会通念上ありません。労働組合の代表は春闘になりますと会社と賃金等の改善を会社側と話し合う事になっています。
これが出来るのは会社と労働者の直接の雇用契約をしている事から組合の代表者を通じて話し合いが行われる事になっています。この社会通念から考えますと派遣労働者の個人の集まりが派遣先の会社に文句を言う事は物事を知らないで、している事になりますので労働者の対応は矛盾している事になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト