安定感のある面接を心がけよう

ドキっとしない安定感のある面接を心がけよう

転職で1番の難関とされる面接。
これをクリアするには、事前に「どのような質問をされるのか?」を
ある程度頭の中でシュミレーションしておくことが大切です。

 

転職をするには理由があります。
それは必ず聞かれる項目なので、どのように対応するかをきっちりと決めておきましょう。
例えば、前職場でパワハラを受け続けて転職に至った場合。
この理由は最近非常に多く、とてもデリケートな問題です。
面接官に堂々と話して良いものか悩むところです。
なぜなら、人によってそれをパワハラと受け取るか否かに違いが出てくるからです。

 

「それくらいの我慢はどこへいっても必要」

 

こう思われてしまうと、面接官に良いイメージを残せなくなってしまうからです。
そこで提案したいのは、自分から進んで話さないやり方です。
面接官がよほど気にかけて何度も聞かない限り、触れない方が有利です。
但し、前職の会社の規模や給与を持ちだして理由を聞かれた場合は話すタイミングです。
ここまで突っ込んで理由を知りたがるという事は、興味を示している証拠です。
理由を最後まで明かさないと企業側が不安になる可能性があります。

 

話す時の注意点は、感情論ではなく客観的に経緯を述べましょう。
「嫌われていると思って目立たない行動を心がけて・・・」
「私は同僚(上司)を好きでしたが・・・」
こういった私情は一切取り除いた話をして下さい。
そして、説明を終えた後に
「自分にも問題があったかもしれない」
「繰り返さない為の対処法を考えていきたい」
と、必ず自分に厳しい姿勢・前向きな意見を述べて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト