外資系企業への転職ポイント

外資系企業への転職には明確なキャリアとアピールと自信が必要です

日本にも多くの外資系企業が拠点を置いています。もし堪能な語学力や専門的に長けたキャリアがある場合は、ぜひとも外資系企業への転職も視野に入れてみるのも良いでしょう。

 

外資系企業への応募には、まず履歴書と日本語の職務経歴書、そして英文のレジュメの3つの書類提出が必須になります。日本にはない英文レジュメは、いわば履歴書と職務経歴書を足してよりシンプルに整えたものになり、自身のキャリア、学歴などを無駄なく明確に記載しなくてはなりません。また、募集されているポジションにいかに詩人がマッチしているかを企業へ売り込む第一歩となります。できれば、より目を引くように明確な数字などを用いて企業側がこれまでのキャリアをイメージできるようにすると良いでしょう。インタビュー(面接)へのチケットだと思えば、手が抜けませんよね。

 

また、書類審査をパスしてインタビューに挑むときは、臆することなく自身のアピールをしましょう。企業側は提示したニーズにどれだけ応えられる人物なのかをキャリアを合わせて判断します。日本企業であれば、上下関係や協調性に比重を置くので、質問もなくおとなしいくらいの礼儀正しさを求めますが、外資系企業は緊張感を感じさせないリラックスした笑顔で企業に対して疑問や昇進などのチャンスについてもどんどん質問すると、どれだけ今回のニーズに興味と意欲を持っているのかを企業側は判断できるのです。ポジティブなアピールする姿勢は、かなりの好印象を残せるはずです。

 

最後に、事前に応募した企業についてよく調べ、応募するポジションにこれまでのキャリアをどれだけ活かすことができるのかを把握しておきましょう。ある程度インタビューで聞かれる質問を予想し、答えをあらかじめ準備しておくと、慌てることなく答えることができるので自信と余裕を企業を印象付けることができ、信頼感を増すこともあり、その場でオファーされることもよくあります。

 

外資系企業への転職は、国内企業と比べ、ある意味大きな賭けとなるでしょう。もちろん、世界という舞台で仕事ができるのでビジネス視野が大きく広がりますが、その成果、能力に応じて大きく待遇も変わってくるシビアな実力主義になります。外資系企業への転職は、企業ニーズだけでなく評価方法も自身に合っているかをよく見極めて動くことをお勧めします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト