応募書類作成に大事な事とは

応募書類作成に大事なこと

昔は就職活動する時の書類といえば履歴書の一点のみで良かったように思う。時代が進むにつれて、職務経歴書や添え状なるものが現れた。
これらがなぜ必要なのか、就職難と言われるこの時代何社も何社も受けても落ちるという声をよく耳にする。まず書類先行が通らない。ここでまず添え状が大切になってくる。採用担当者は何通も何通も履歴書を見なければいけない。正直なところどこの学校をで何年に卒業したなどどうでも良い話だ。最低限大卒以上などの募集の縛りがあればそれに伴っているか確認するだけ。まずは1番上にあり1番初めに目に入る添え状。これが大事なのではないだろうか。たった数行で自分にはこれがあるからまず履歴書、職務経歴書をみてください??とアピールしなければならないのだ。少しでもインパクトがあったり自分をよく理解し売りである部分を簡潔にまとめ自分に興味を持たせないといけない。ここで興味を惹かせておけば1日に何通も確認しなければいけない履歴書もながら作業ではなくこの人の事を見てみたいと思わせるて見てもらえるということだけで他の応募者よりも一歩前にでているといってもかごんではない。ではどうやってそれを書くかが大事になってくる。字は綺麗に越したことはないがそれよりも丁寧さ。どんなに上手な字でも雑にかかれていると見る人の興味は引けない。そして内容。良く就職セミナーなどで自分の良いところを10個だせ等言われることがあるが中々言えないものである。これを常日頃から用意してあれば短い文章の中でも自己アピールしやすい。そして自分だけで考えるのではなく友人や家族にも同じように自分の長所を聞いてみる。はたから見た自分はどういう人間なのかを理解しもっと伸ばせるようになればアピールポイントも増えてにとってもらえる書類の書き方もみにつくのではないだろうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト