自分の事を理解する

自分の事をしっかりと理解しておく

就職や転職、仕事に就こうとする際に絶対に避けられないのが「面接」です。面接に関するコツを書く書籍やコラム、サイトは多く存在しますが、それらをしっかり事前に読んでおいたところで、いざ本番となると緊張してしまい事前の知識が飛んでしまう事も多いでしょう。

 

面接のコツ全てを把握して、記憶し、面接官の質疑等を全て上手く答える事など、余程面接を過去に多くこなした方ならともかく、ほとんどの方はそう上手く行くとは限りません。

 

よって、まずは「自分をする事」が必要になります。自分を知るという事は、面接に大いに役立ちます。面接官の質疑等、これまでの職歴や将来の自分の事、様々な事を聞かれますが、自分自身の事をしっかりと理解しておく事で、ブレの無い返答が可能になるのです。

 

具体的な方法としては非常に簡単です。自分の事ですので、自分がこれまでやってきた事や自分の長所や短所、自分がこれからどうしていきたいのか自分の将来のビジョンなど、「自分」を改めて知っておくのです。何かに書き写しておくのも良いでしょう。

 

逆に、自分を知らずに面接に挑む事は無謀だと言えます。面接官の質疑等には、言い方は悪いですが意地の悪い質問があります。冒頭の質問を後半で繰り返したり、よくある「圧迫」面接も実在します。しかし、自分を理解し自分を確かに持つ事はこれらの困難を乗り越えられる手段となり得るでしょう。

 

転職先を知る事も必要ですが、まず転職を考えた時に最初にやっておく事は、まず「自分を知る事」です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト