転職しやすい時代

転職がしやすい時代

雇用の流動化を政府も進めていることから、最近は転職がかなりしやすくなりました。
通常の雇用よりも実践力を求められる転職エージェントの市場も広がりを見せており、中途採用の転職がかなり増えていることを物語っています。
昔は、インターネットもあまり発達していませんでしたらから、情報もあまりなく情報誌などを買っていろいろと推測をするしかないのに加えて、転職自体が根性が無いというような偏見でもって見られるということもありました。
それが、情報がオープンになってきたことで企業の比較対照もしやすくなり、自分の好きな仕事をしたいというような多様な価値観も生まれてきたことで、昔の転職に対する偏見はどんどん薄まっています。

 

職場を点々とするというのは、前にも述べた「根性が無い」というようなイメージを持たれるのは面接の段階では仕方がありません。
10年勤続の人と、3ヶ月で職場を離れた人とでは、やはり前者の方が信頼できるというのは否定しがたいです。
しかしながら、最近では人材をしっかりとみたいという企業側の考えもあるので、面接の段階で会社の雰囲気に合うかどうかを実際に会って判断したいという担当者が多いのも事実ですので、
あまり短期間のキャリアについてデメリットになることは、想像よりも少ないと言えるでしょう。

 

人材不足がどんどん深刻になっていくことは、政府の統計などからでも明らかですので、今後も転職の市場は大きくなっていきます。
そのためにも、今の仕事をしっかり行って、キャリアを積んでいくということを意識的にすることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト