転職決意をする理由

転職を決意する理由

「転職」と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。一生の人生のうち半分以上を共にしていく仕事ですが、その仕事を変える大きな決断をすることになります。最初に就職する会社を決めるときと同じくらい重要な局面になります。転職を決意する理由は様々なですがそのうち代表的な2つを挙げてみたいと思います。
まずは、「会社での自分を取り巻く労働環境が良くないこと」です。転職の決め手の一番の原因はもちろんこれではないでしょうか。仕事とは生きていくためのお金を稼ぐために実施するものです。従って楽な仕事なんかあるわけありません。苦労しながら仕事を実施していくこととなります。ですが、過度な残業、職場でのいじめ、理不尽な上司からの説教等、仕事のスキルとは関係ないところで悩みを抱えている人が世の中には大勢います。いくらお金を稼ぐためとはいっても、それらが原因で心を壊してしまっては元も子もありません。逆に、どれだけ仕事が忙しく大変でも、周りの環境が良ければ頑張っていこうという気持ちになりますよね。職場の環境とはそれほど重要なものです。
2つ目は、「自分がどれだけ働いても目に見えて成果が出ないこと」です。自分が他の社員と比べて明らかに成果を出しているのに、貰える給料はみんな一緒という待遇に不満が蓄積されます。会社の方針にもよりますが、頑張ってもみんな同じ給料ならばわざわざ頑張る必要もありませんよね。逆に「こいつはできるから仕事をもっと振ろう」と思われ、周りの人よりも遥かに多い仕事を押し付けられることも。これで給料が変わらないのでは、確かに理不尽と感じざるを得ません。そういった人は、歩合制の頑張った分だけ自分に還元される仕事に転職していくようです。
以上2点をご紹介させていただきました。今安定している給料を得ている人が転職するということを聞くと、「もったいない」とか「大きな賭けだ」とか思われる人が多いかもしれませんが、転職を決意する人も生半可な考えで転職するわけではありません。上記のような理由で転職する人もいるので、転職を決意した人が周りにいたら、温かい目でサポートしてあげられれば良いですね。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト