あらゆる要素別に転職活動にかかる期間を考えてみます

あらゆる要素別に転職活動にかかる期間を考えてみます

年代別に考える転職活動期間

 

 年齢が異なれば、転職活動期間も異なります。これはしょうがありません、市場にはそれぞれの年齢に見合った価値というものが設定されており、それは需要によって決められているのです。

 

 例えば、20代の転職希望者であれば、比較的早くに転職活動を終えられるでしょう。1?2か月くらいで半分程度の人が転職できると言われています。残りの半分の人も3?4か月あれば十分ではないでしょうか。

 

 30代の人は20代と比べると1か月前後で転職できる人の割合は減るようですが、しかし、半年以上かかってしまう人の割合は20代よりも少ないようです。8割前後の人が3か月以内に転職できるでしょう。

 

 40代も半分以上の人が3か月以内に転職できますが、50代になると4?6か月かけないと転職できない人の割合がぐんと増えてくるようです。

 

状況別に考える転職活動期間

 

 転職活動にかかる期間は、その人の活動時の状況によっても変わってくるようです。大まかに分類すると、在職中に活動するか退職後に活動するか、ということ。

 

 退職後に転職活動をする人の方が、短期間で転職できる人の割合が多い傾向があります。だいたい3割強程度の人が1?2か月で転職できているのに比べ、在職中に活動する人は、この期間で転職できる人の割合が1割強程度となっています。

 

 しかし、全体の中で3か月以内に転職できる人の割合を見てみると、在職中も退職後もさほど大きな違いはないようです。

 

 短い活動期間での転職にこだわりたいなら退職後に活動した方がいいですが、3か月以内にできればいいと考えているならば、在職中に動き出すのも選択肢の一つとなるでしょう。

 

職種別に考える転職活動期間

 

 需要が多い、あるいは離職率が高い職種ほど、短期間で転職できる職種となる傾向があるようです。

 

 例えば事務職や営業職は、転職活動にかかる期間が短くて済むというデータがあります。業種に関係なく存在している職種であることから需要が高いということと、ずっと同じ会社で働き続ける人があまり多くないと考えられるので、こうした結果が出ているのでしょう。サービス系の職種も同様のデータが出ているようです。

 

 一方で技術系はどの分野でもそこまで短い期間で転職するのは難しい。資格や経歴など、そうした職種に就くためのハードルが高いことがその理由として考えられます。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト