転職活動は在職中に行いましょう!この結論に至るまでの経緯を見てみます

転職活動は在職中に行いましょう!この結論に至るまでの経緯を見てみます

ベストを目指せるのは在職中

 

 転職活動でベストの結果を目指さないなんて有り得ません。そんな転職活動はやるだけ無駄。もっと言えば、ベストが目指せないような状況で、転職活動をすべきではないのです。転職活動において、よりベストな結果が出せる状況は在職中なのではないでしょうか。

 

 ベストな転職結果を出すためには、慎重に企業研究を行い、応募して面接を受け、もし仮に内定を貰うことができたとしても、「もっと良い会社があるかもしれない」、「面接を受けた時に違和感を感じた」などの感覚を得れば、内定を辞退することも考える必要が出てきます。

 

 退職後の転職活動で、その決断ができるでしょうか。無職の状態が続くことを考えた時、きっと内定を貰った時点で転職活動をストップさせてしまうはず。それでは、ベストな転職結果を出すことはできないでしょう。

 

退職理由を聞かれてしまいます

 

 「なぜ退職したのですか?」と、面接官はあなたに聞いてくるでしょう。面接官にとって、応募者が退職していた場合、その理由を聞くのは当たり前。なぜなら、非常に重要な判断基準となるからです。

 

 「転職をするために辞めました」と言えば聞こえはいいが、面接官はそれを疑うところから入るのも仕事のうち。応募者の言っていることを丸々と信じる人は、少なくとも採用の決定権を持った人の中にはいないのです。

 

 と考えると、面接を行っている時にも在職中であり仕事を続けている人の方が、「転職のために会社を辞める」という主張を信じてもらいやすくなるでしょう。

 

 

結論はやっぱり在職中

 

 ベストの転職結果を目指すことができるという点と、採用の決定権を持った人に余計な疑いを持たれずに済むという点のみを見ただけでも、在職中に転職活動を行うのが賢い選択であることはわかるはず。

 

 退職後の転職活動が悪いというわけではありません。どちらが転職活動の結果や転職の決意に対して後悔をせずに済むかという問題。当然、在職中に転職活動を行った方が、後悔は圧倒的に少なくて済むのです。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト