転職サイトおすすめ人気ランキング|転職エージェントの口コミあり

 

リクナビNEXT[8割の転職者が活用!]
詳細
★★★★★
まずは定番のリクナビNEXT。転職者の全体の8割がここを利用するという調査結果が出るほどの人気サイト。会員登録を行うことで専用の便利機能の利用や情報の閲覧が可能となる。企業の採用担当者からオファーが届くスカウト機能なども人気の1つ。登録・利用ともに完全無料!
リクルートエージェント[無料で頼れる転職エージェント]
詳細
★★★★
キャリアコンサルタントによるサポートがないリクナビNEXTの弱点を補うのがこちらのリクルートエージェント。プロのキャリアコンサルタントと面談や電話でのカウンセリング後、あなたに最適な求人をご案内。保有する求人のうち8割は非公開求人のため、他所では見つけられなかった良質求人が紹介される可能性も。こちらも完全無料。

 

 

 

 

1.転職の現状


 転職を目指す人の数は多く、それぞれが何を目指しているかにより、新しい仕事探しの現状も変わってきます。例えば、現在の年収やキャリアに満足しておらず、さらなるステップアップを狙っている人なら、しかるべきスキルや経験、それに熱意があれば、比較的スムーズに転職活動を成功させることができると思います。

 

 一方で、特に中高年からの転職で、転職の理由が解雇や会社の倒産によって職を失ってしまった場合、仕事探しの状況は少々厳しいものになるかもしれません。また、中卒・高卒の場合は学歴による差別を受けるケースも、未だに学歴偏重の傾向にある現代日本に置いては珍しいことではありません。

 

 ただ、どのような状況にあったとしても、それぞれの転職者を雇いたい、自分たちのために働いてほしいと思っている企業はどこかに存在しています。

 

 そのため、転職を成功させたいと思うなら、まずどのような企業と自分とがマッチするのかを、入念に調べる必要があります。転職サイトのキャリアアドバイザーと相談したり、マッチング機能を活用したりすることをおすすめします。

 

 

2.転職活動における、転職者の強みとは


 転職活動をする人には、たいていはある程度の勤務経験が既に備わっています。そのため、新卒の人材に期待するような、フレッシュさというものは、少しアピールしづらいかもしれません。

 

 しかし、転職者には、新卒社員にはない魅力があることを、企業側も承知しています。その魅力とは、転職者だからこそ持てる、経験とスキルです。

 

 ほとんどの人は少なくとも数年以上働いてから転職を考え始めると思いますが、その間にある程度のスキルを磨くことができます。会社の指示により、国家資格を含めた資格を取得している転職者も、多いことでしょう。

 

 このようなスキルや経験、そして資格などは、新卒で雇用する社員には、基本的には希望できないものです。この、転職者だからこその要素を、応募書類への記入や、面接の場でしっかりと訴えかけていけば、企業側を納得させることも、不可能ではありません。

 

 

3.企業が転職者に求めていることを知ろう!


 どのようなケースであったとしても、転職活動を上手に行うには、自分を中途採用として迎える企業が一体何を期待しているのか、しっかりと把握することが必須です。

 

 そして、企業側が転職者に求めているもののキーワードには、上の項でも触れたとおり、「即戦力」が挙げられるということを、知っておきましょう。

 

 もうお分かりかとは思いますが、企業が転職者に希望しているものは、新卒の人材に求めるものとは異なっているのです。新卒なら、その若さからくる高いコミュニケーション能力や、企業の雰囲気にすぐになじむ柔軟性などが重宝されるケースが多いです。一方で、新卒にはたいてい新人研修を受けさせるため、高度なスキルを要求するようなケースは、一般的にはほとんどありません。

 

 しかし、転職者の場合は、前職である程度の勤務経験があり、仕事をこなすためのスキルや資格を有していることが前提になります。このような社員の新人研修のために割く時間は、はっきり言ってないと考えておいた方が良いかもしれません。

 

 そして、その会社にとって即戦力になりえる人材が、どんどん内定を取っていきます。その会社のライバルであったところに以前働いていた転職者なら、より有利な結果を手にすることができるはずです。

 

 

4.転職サイトを活用し、自分の強みをもっとアピールしてみよう


 やはり転職に限らず仕事探しをするとき、第一に訪れるのはハローワークだと思います。しかし、公共の職業安定所であるハローワークは確かに信頼できますが、より効率的に自分を企業に売り込みたい場合は、大手のリクルート系企業が運営している転職サイトを活用するとベターです。

 

 こうしたサイトの中には、専門のコンサルタントやアドバイザーから、履歴書の賢い書き方や面接での応答の仕方について、無料または有料で指導してくれるところがあります。

 

 特に転職では、積極的にアピールをしてキャリアアップを果たすのが前提になるので、コンサルタントやアドバイザーといったプロの意見を聞きながら、戦略的に事を進める必要が生じてきます。その点においては、ハローワークよりも転職サイトを通じた転職活動の方が、より実りのあるものになるでしょう。

 

 また、求人サイトの中には、全国津々浦々の企業の求人を、自分の望む収入や待遇、業種に合わせて検索できるものや、業種や地域に特化したものまであります。複数の転職サイトを、自分のスタイルに合わせて使いこなすというのも、かしこい転職方法だと言えます。

 

5.転職サイトを実際に使った人の声を聞いてみよう


 それでは、実際転職サイトを使い、新しい仕事を見つけた先輩たちの声を聞いてみましょう。

 

「アルバイト時代の経験も含め、自分の経験の上手なアピールの仕方を教えてもらえて、本当に良かったです。自分一人で履歴書を書いていたら、成功しなかったのではないかと思います。」
さすが就職・転職のプロのアドバイスを受けられるとあって、履歴書の記入や面接での受け答えに自信を持てるようです。

 

「既卒OKの求人がたくさんあって、自分でもびっくりしてしまいました。条件もそれぞれなので、選ぶ余裕があるほどでした。」
全国トップレベルのリクルート系企業が管理している転職サイトなので、情報量はとても豊富です。普通の求人誌やハローワークなどでは得られない情報も、転職サイトならたくさん見ることができるようになっています。

 

まとめ


 新卒採用に比べて中途採用は厳しいとされがちですが、自分の適性を知り、積み上げてきた経験や能力を上手にアピールすることで、成功への道を開くことができます。

 

 就職、転職活動というのは、時には長い道のりになってしまうことがあるかもしれません。ですが、決してめげたりせずに、少しずつでいいので、前進していくことが重要なポイントです。

 

 ストレスに負けてしまうことがないように、時には気分転換をしてみることも大切ですので、転職サイトなどを上手に利用し、焦らずに自分に合う職場を見つけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 成功を掴む流れ 転職サイト